クルーズに参加するには、
いくつかの不安要素を解消して、
参加への決定打となる
それなりの理由が必要だと思います。
ぴんたぷったんが抱えていた不安は
主に次の3つでした



①金銭的不安
②英語に対する不安
③船酔いに対する不安




多くの人がまず最初に気になるポイントは
【金額】でしょう(*´ェ`*)
なのでまずは
①金銭的不安の解消から始めました


①金銭的不安のコピー2
金銭的不安の正体のコピー
ぴんたぷったんは今回
2人でのクルーズ参加でした (*´ -`)(´- `*)
クルーズ代が1人につき約13万円くらい
それを2人分ですから26万円
船の中や、寄港地での費用を考えると
かなり不安になりました
正直言うと
金銭面での不安が1番大きかったんです
(´・ω・`;)



事前に振り込む金額だけでも
26万円ですからね・・・・・
すごく勇気が必要ですよ(((( ;゚д゚)))



「26万あったら○○が出来る」

「26万あったら○○が買える」




と考えるわけですよw
新しく何かを始めようと考えていたので、
その費用もまぁまぁかかるし・・・・・
個人事業主みたいなものですから
給料の保証がないんです
だからスゴ~~~~~く考えました。
悩みました(≡ω≡.)



金銭的不安の内容としては

・これからの生活(仕事)への影響

これが不安というか”懸念の正体”ですね
なかなかの強敵です
まずはコイツを退治します!!


どうやって金銭的不安を退治したのかのコピー
(1)値段を抑える
金銭的不安に関して、
値段を抑える方法は少ないです
クルーズ参加代の13万円×2人=26万円は
どうにもならないです

値段を抑えるには・・・・・
①スーツケース等の必需品を知人から借りる
②船内での買い物を控える
③寄港地での買い物を控える



これ以外に方法はないような気がします
(他に方法があったら教えてください。
助かります)



(2)価値を変える
ぴんたぷったんがとった戦法なのですが、
それは【モノやコトの価値を高める】
ということです



どういうことかと言うと・・・・・
船の中では
普段とは違う生活を1週間するのです
(・∀・)
普段出会わない方々と顔をあわせるのです
(。・ω・)ノ゙ヤァ
普段経験出来ないことを経験出来るのです
.。゚+.(・∀・)゚+.゚
これはもう価値そのものだと思いませんか?



食事1つとってみても
レストラン
”知らない方々と1つのテーブルを囲んで談笑しながら食事”


普段は経験しないことじゃないですか?
ここに高い価値を設定できますね



窓の外
”寝て起きて窓の外を見たら一面海”


ここにも価値を設定できますね



どんな経験が出来るのか?
どんな景色が目に飛び込んでくるのか?
これらを想像し、
クルーズの申込書を書く前に
色んな価値を高めました
└(●^□^●)┘



(3)自分のために
(2)価値を変えるに似ていますが、
普段しない経験、普段出来ない経験、
普段意識しないコト、
普段気がつかないコト、
普段自分からは検索しない情報、
これらが自分にどう作用するのか?


今の自分は、色んなことを
プラスにしていく意思があるので、
「クルーズに参加して良かった!」
って言える自信がありました。
なので、今後の自分のためにも
クルーズ参加は有意義であると判断しました
(*´ー`*)



(4)大切な人のために
これはすごく大切なことだと思います!

”自分にとって大切な人との楽しい思い出を増やすため”

やっぱりこれが一番の決定打になりました
楽しそうにパンフレットを眺めてる姿を見てると
これは連れて行ってあげないとなぁ
って思いますよね
ニコニコ




















クルーズでなく自力で行った場合のコピー
クルーズと同じルートを自力で行った
と仮定してみました(6泊7日)


1泊の宿泊費10000円×6日=約60000円
1食1000円×3食=3000円×6日=約18000円
最終日の朝食1000円
羽田から済州島への費用約30000円
済州島~釜山への費用約3000円
釜山~福岡への費用約8000円
福岡~佐世保への費用約2000円
佐世保~奄美大島への費用約16000円
奄美大島~成田空港への費用約6000円

合計 ¥144,000


こうして
クルーズと同じルートを自力で行った
と仮定してみると
これだけの金額がかかります(((*゚д゚*)))


今回ぴんたぷったんが参加したクルーズは
¥130.000ですが、
これは海側プレミアムという部屋の金額でして、通路側の部屋はもっとお手頃な金額です
(o^―^o)v


他に旅行保険やらチップやらの
費用がかかりますので、
クルーズ代+@の金額が必要です


クルーズでは朝から深夜まで
1日中イベントが開催されており、
その参加料やショーのチケット代も
ほとんどがクルーズ代に含まれていますので、
それらを加味して考えると
かなりお得なのではないかと思います。
ブログの最後には
今回のクルーズでかかった総額を載せておきますので、
具体的な金額が気になる方は
そちらを参照してみてください
(*´∀`*)



クルーズに参加して感じたことですが、
そもそもクルーズの醍醐味は”船”です
後のブログに船上生活の全てを書きますが、
1日の大半は海の上、船の中で過ごします
船の中での生活を満喫するのが
一番の楽しみ方なのだと思います
フェスティバル劇場LIVE


ポジティブシンキングのコピー - コピー
金銭的に余裕がある方はともかく
ぴんたぷったんのように
あんまり余裕がない方々は
とことんポジティブシンキングに徹して、
”失うモノ”を基準に考えるのではなく
”得るモノ”を基準に考えるのも
良いのではないかと思います
゚・。*ヾ(´∀`o)+。。


ということで、
ぴんたぷったんの場合は
金銭的不安を退治した一番の武器は
”ポジティブシンキング”です


でも、
クルーズ代が自分にとって、
自分の生活にとって、
大打撃にはならない金額であることが
絶対条件
ですよ?
貯金10万しかないのに10万使って参加する
なんてことはあってはいけません。
それはポジティブ過ぎます((( ;゚д゚))



こんな長い文章を読んでいただけたことを
感謝します(人´∀`o)
お時間がありましたら
こちらから続きをどうぞ
↓↓↓↓↓
(1)クルーズに対する不安~②英語に対する不安~


にほんブログ村 旅行ブログ 船旅へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村